こんにちは。
苫米地式コーチング認定コーチの坂本裕史です。

前回の「農家としてのこだわり」
前々回の「農業の一番の喜びは?」に引き続き、
東京からのお客様からの質問に対する回答をご紹介いたします。


質問
「消費者に伝えたいことは?」


言葉でお伝えするのが難しいのですが、
「自分の人生を積極的に選んで生きてほしい」ということですね。


分かりやすく具体的な例で言うと、
スーパーで買い物をするときに、そのラベルを見るかどうかも、その一つです。
PhotoGrid_1426770521113

どのメーカーが、
どんなコンセプトで、
どんな材料で作ったものを、
ここで、
この値段で、
売っている。

だから、買う・買わない。

そういう判断を常にしてほしいということです。


例えば、車が好きな人なら、
技術的なことを徹底的に調べ、
開発者の想いや会社の歴史を調べ、
可能なら直接会いに行き、
ありとあらゆる情報を手に入れ、
体感に落とし込む。

そこまでして購入した車に乗るときは、
とてつもない幸福を感じられるわけです。
lgf01a201310201400

もし、「たまたま親から譲り受けました」とか、
「よく分からないけど、宝くじで当たりました」では、
同じ車に乗っていても幸せを感じられないのです。

それが、ファッションでもいい。
音楽でも、観光でも、何でもいいので、
何となく与えられるのではなく、
積極的に知り、選び、手に入れる。
その喜びを感じていただきたい。
それが、幸せになるということだと思うのです。


幸せは「ある」のではなく、
「感じる」ものだとよく言われます。
その通りだと思います。

そして、幸せを感じるためには、好きなものを積極的に選ぶ。

極めて幸いなことに、今の日本社会は生きる上で必要なものがほとんど手に入る状況です。

私は、車が大好きだ。
私は、花が大好きだ。
私は、本が大好きだ。
その事について語らせたら、夜が明けるまで喋り続けますよ。
そう言えるぐらい身の回りのものを愛してほしい。

自分の生活に無関心な人が多すぎると思うのです。
せっかく今、既にある幸せを感じていない。

私は、身の回りの日用品、一つ一つについて相当な想いを持って語れます。
そのぐらい想いに溢れた日常を過ごしています。
必ずしも高級品ではありません。
それでも、思い入れがあるのです。
だから、ボールペン、包丁、タオル、一つ一つに触れるたびにその幸福を感じるのです。

ですから、私の農家としての役割は、「こんなお米があったら幸せだ」と思った人が、受け取って満足するようなものを育てあげることだと考えています。
16

単に栄養やカロリーだけを売っているのではありません。
もちろん、栄養やカロリーはあります。
その上に、安全性や美味しさに対する自負もあります。
更に、その生産過程には、私一人の努力や工夫だけではなく、多様な生態系に支えられ、様々な方の協力があるのです。しかも、未来に向けて環境を改善しながら、人も育っている。
そういった情報を知った上で、私のお米を手にしてくれた方は、栄養とか味とか安全性とかそういったものを更に超えた大きな幸福を感じていただけるのではないか。
勝手ながら、そういう想いで顔が見える方々にお米をお届けしています。

自分の身の回りの物に関心を持つだけで、きっと今よりずっと幸せになれると思うのです。

自分が求めている人生を明確にする。
自分が歩んでいる人生を明確にする。
そこに差があるのなら、向き合ってみる。
その過程で、求めている人生に近づいていく。

消費者の方たちには、そういう生き方をしてほしいですね。


コーチング用語を使わずに説明してきましたが、全てコーチングと同じですよね。
抽象度の高いゴール設定、縁起、スコトーマ、RAS、ロックオン。

コーチングは、人間の能力を引き出します。
自然栽培は、植物の能力を引き出します。
そして、数ヶ月で明確な結果が出る誤魔化しのない世界。自然界と人間社会とを繋ぎながら、様々なことを教えてくれます。

今後も自然栽培の経験を踏まえて、コーチングさせていただきます。



=== 近日開催予定のセミナー ===
2/7(日) 東京
 「食×コーチング」
 自然栽培農家&プロコーチの食育セミナー
 http://kokucheese.com/event/index/363480/

2/21(日) 名古屋
 第一印象で勝つ!ビジネス・恋愛で活きる 一瞬で相手の心を掴むコミュニケーション術
 苫米地式認定コーチ コラボ企画 実践コーチング講座
 http://www.kokuchpro.com/event/321330e0dd77bc19a1bfdbc194885ab4/





苫米地式コーチング認定コーチ 坂本裕史
WEB : http://www.sakamoto-coach.com
Blog : http://sakamoto-coach.blog.jp