こんにちは。
苫米地式コーチング認定コーチの坂本裕史です。

前回の「ゴールの正しい設定方法とは」に続いて、ゴール設定の話を致します。

コーチングとは、クライアントのゴールを共に高め、
徹底的に応援し、ゴールの達成に導くものです。

ですので、まずゴールについて語らざるを得ません。
ゴールとは、どういうものなのか。

「目標」と言い換えた場合、様々なイメージがあると思います。

例えば、
 ・営業ノルマを達成する。
 ・夕食のおかずを5品作る。
 ・タバコをやめる。

どれも目標となりうるものですが、その動機が大切です。

例えば、営業ノルマの場合。
8bca216b008d748edbced0324794834d_s

ノルマを達成しないと怒られる。
上司が怖いから、仕方なく頑張る。

それが動機だとしたら、残念ながら本来の力は発揮されません。
逆に、前向きな動機だったら、どうでしょう。

営業ノルマを120%達成したら、誇らしい。
ボーナスが増えたら家族で海外旅行に行くぞ。

これだったら、モチベーションが全然違います。


ゴールの達成は、本人の幸せそのものであることが重要です。
だからこそ、本気になれるのです。

そして、本人の幸せは、周りも幸せにします。
営業ノルマを達成して、海外旅行に行けば家族も喜びます。
決して、一人勝ちして、誰かを犠牲にするものではありません。
前向きな動機であれば、幸せは次々と周囲に伝わるものなのです。
lgf01a201312011000

つまり、ゴール設定は、
「Have to(~しなければ)」ではなく、
「Want to(~したい)」であることが重要なのです。


また、前回の「ゴールの正しい設定方法とは」では、
「達成方法が分からないほど遥か遠くの巨大なゴールが、正解」
と書きました。

ですので、ゴールというものは、
「あなたが心から望む幸せに満ちたものであると同時に、
 
達成方法が分からないほど遥か遠くの巨大な存在」
である。

これが正しいゴールです。

そんな無茶なゴールは思い付かないとか、
想像しただけで達成できそうにない
なんて心配は要りません。

そんな巨大なゴールに向かわせるのがコーチングです。

今、私自身がそうであるように、あなたにも、
心から望む大きなゴールに向かうことができます。
全ての人が幸せを感じながら成長し続ける。
素敵な社会だと思いませんか。

コーチングは、まず一人ひとりの人生を輝かせます。
そして、その先には明るく輝く社会が待っています。


ゴール設定については、他にも補足したいことが多々あるのですが、
次回「根拠のない自信が、なぜ必要か」では少し話を進めて、
ゴール達成に向かう心構えとして「エフィカシー」について説明します。



=== 近日開催予定のセミナー ===

2/7(日) 東京

 「食×コーチング」

 自然栽培農家&プロコーチの食育セミナー

 http://kokucheese.com/event/index/363480/

2/21(日) 名古屋

 第一印象で勝つ!ビジネス・恋愛で活きる 一瞬で相手の心を掴むコミュニケーション術

 苫米地式認定コーチ コラボ企画 実践コーチング講座
 http://www.kokuchpro.com/event/321330e0dd77bc19a1bfdbc194885ab4/





苫米地式コーチング認定コーチ 坂本裕史
WEB : http://www.sakamoto-coach.com
Blog : http://sakamoto-coach.blog.jp